ゴウセル

ゴウセル(七つの大罪)とマーリンの関係!謎の薬の効果とは?

投稿日

どんどん謎が増えている『七つの大罪』メンバー『色欲の罪(ゴート・シン)ゴウセル』。

ゴウセルの秘密を知っていると思われるのが、『暴食の罪(ボア・シン)マーリン』。

なかなか言動の読めないゴウセルですが、マーリンに対しては比較的従順に見えます。

ゴウセルとマーリンは、いったいどのような関係なのでしょうか?

また、マーリンがゴウセルに与えていた謎の薬の効果も気になりますよね?

今回は、ゴウセルとマーリンについて、いろいろと考察してみたいと思います!

スポンサーリンク

336×280

ゴウセル(七つの大罪)とマーリンの関係!謎の薬の効果とは?

かつて『七つの大罪』メンバーがリオネス転覆疑惑をかけられ、各自散り散りになりました。

そして、10年ぶりにメンバーたちがメリオダス達と合流するまで、キングやバンは、

ゴウセルの素顔を知らなかった

と判明しています。

なぜなら、10年前のゴウセルは、いつでも重厚な鎧を身に着けていたため。

『七つの大罪』メンバーの手配書にも、ゴウセルは鎧姿で書かれていたことから、

その鎧の中身を知る人は少なかった

のだと推測します。

ですが、メンバー内で少なくとも2人は、ゴウセルの素顔を知っていたと思われます!

その一人は、

七つの大罪の団長であるメリオダス

メリオダスが、ゴウセルを知っていたと思われる理由については、後ほど考察してみますね。

そして、ゴウセルの素顔を知っていたであろう、もう一人は、

マーリン

です!

実は、ゴウセルがずっと身に着けていた鎧には、

魔力の暴走を抑制する付呪(ふじゅ)

が施されていて、これはマーリンが用意したものだったようです

リオネス城で、マーリンはゴウセルが再開したときに鎧が壊れたことを聞くと、

「早々に代わりのものを用意しよう」

と言っていました。

さらにその後もゴウセルに謎の薬を渡し、

「1日1粒欠かさず飲むように」

と話していました。

ゴウセルとマーリン

ゴウセルとマーリン

ただゴウセルは、マーリンの前では、この薬を飲んだフリをし、マーリンの目の届かないところ、外に出ると薬を吐き出してしまい、残りの薬も捨ててしまいます。

その直後、ゴウセルの捨てた薬を見つけ食べてしまったホーク。

「のほっ、のほほほほっ」

とホークがおかしくなったのを見たマーリンが

ゴウセルに与えた魔力安定薬か…

と言っていたことから、この謎の薬は、ゴウセルの壊れた鎧と同じような効果があったものと思われます。

続けて、

これは、まずいことになったぞ、団長殿

とメリオダスに言っていることから、ゴウセルのなんらかの変化をマーリンは察知したのだと考えられます。

どうやらマーリンは、

ゴウセルの魔力の暴走を危惧し、その暴走を抑制する手段を講じると共にゴウセルを見守って(または監視して)いた

ように思われますね。

このことから、マーリンとゴウセル関係は、

保護者と被保護者

いうところでしょうか?

 

ゴウセル(七つの大罪)とマーリンの関係!ゴウセルは人形!

さて、ゴウセルに対するマーリンの危惧は当たっていたようで、ゴウセルは、新世代聖騎士のギーラの記憶を操作します。

ゴウセルのことを『自分の恋人だ』という偽りの記憶をギーラに植え付け、さらにはギーラの弟・ジールを邪魔者扱いし、記憶を消してしまいます。

それを知ったディアンヌは、ゴウセルに詰め寄りますが、

俺は心が欲しい。感情を理解する心が

と悪びれず言うゴウセル。

ディアンヌは

「どんな理由があったって、人の記憶を勝手にいじるなんて、いいわけない!」

とゴウセルを責め、街の中で二人が争いになってしまいます。

 

暴走したゴウセルを何とか止めたディアンヌ。

そこにメリオダスとマーリンがやって来た時には、ゴウセルは膝を抱えうずくまり

閉じ込めてくれ、誰もいない所へ。俺が…俺でなくなる前に

と呟くのでした。

(その後、ゴウセルはギーラとジールの記憶を戻し謝りますが、ギーラにはふられてしまったようです)

そんなゴウセルにマーリンは、『絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル)』の術をかけたところ…たちまちゴウセルが人形の姿に変わってしまうのでした!

ゴウセル

ゴウセル

マーリンは、その場にいる皆に、

  • ゴウセルはかつて偉大な術士によって作られた人形
  • ゴウセルにかけられた魔力は、マーリンの『絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル)』でも完全には消せない

ことを説明します。

(これはメリオダスも知らなかったことのようですが、その割にはあまり驚いたようには見えませんでしたね)

このゴウセル人形を作った人物の名前は出ていませんが、『ブリタニア一の魔術士』と呼ばれるマーリンが

“偉大な術士”

と言っていることから、その力は相当なものだと想像できます。

一体、どんな目的があってゴウセルを作ったのかが非常に気になります…。

何はともあれ、マーリンは、ゴウセルが人形だと知っていたのですから、ゴウセルの素性についても知っていると考えられそうですよね?

とはいえ、マーリン自身も謎に包まれています。

どちらかの正体の謎が判明すれば、もう片方の謎も判明する…。

そんなに簡単にいくかは、これまた謎ですが…。

 

ゴウセル(七つの大罪)とマーリンの関係!十戒との関連は?

ゴウセルとマーリン。

結局のところ二人の関係について、あまり詳しいことは分かっていません。

ですが、ゴウセルが

元『十戒 無欲のゴウセル』

だという疑惑から、二人に接点が浮かび上がりました。

ゴウセル

ゴウセル

魔神族のフラウドリンによれば、3000年前に『十戒』メンバーだったゴウセル。

ある事情から『十戒』の前から姿を消し行方不明

ゴウセル自らの『戒禁・無欲』の呪いによって感情と記憶の両方を失った

とのこと。

マーリンもまた、『十戒』のフラウドリンとグレイロードと対峙した際、自分は、

『ベリアルインの娘で真の名は@@@』

だと明かし、フラウドリンとグレイロードが驚愕していました。

その様子からマーリンも

『十戒』と何らかの関係がある

と考えられます。

(ただし、フラウドリンやグレイロードは、『ベリアルインの娘』の名前を聞く前は、マーリンには何の反応も見せていなかったことから、マーリン本人は直接の関りはなかったのかもしれませんが。)

そして、『十戒』と聞いて忘れてならないのは、

元『十戒』統率者だったメリオダス。

ゴウセルとマーリン、そしてメリオダス。

マーリンとメリオダスは、『七つの大罪』結成前からの知り合いであることは間違いありません。

メリオダスが『十戒』メンバーだった時、または『十戒』を裏切ったあたりからの知り合いだった可能性も高いです。

メリオダスとゴウセルに関しては、『十戒』エスタロッサの回想時に、メリオダスと一緒にゴウセルに似た容貌のメンバーが登場しています。

このメンバーが本当にゴウセルであるのなら、メリオダスもそのことを知っているはず。

こうなると『七つの大罪』メンバーの7人の内3人が、『十戒』と関りがあったことになりますね…。

 

 

ゴウセルの代理の『十戒』として『無欲』の戒禁を名乗っていたフラウドリンがメリオダスに敗れたことで、

戒禁が解け、ゴウセルの記憶が戻った可能性

もあります。

そうなった場合、ゴウセルは七つの大罪の敵なのでしょうか?それとも味方なのでしょうか?

 

ディアンヌとキングは、身体は現代に置いたまま、中身(魂?)は3000年前の世界で修行中。

七つの大罪メンバー全員が揃うのはもう少し先になりそうですが、7人のメンバーが揃った時、一体どんなことが待ち受けているのか?

ゴウセルが人形だったと分かった時、メリオダスはこう言っていました。

「ゴウセルが何者だろうとオレたちの大事な仲間…七つの大罪に変わりはねぇだろ?」

このことが、真実であることを願うばかりです。

 

まとめ

ゴウセルが身につけていた鎧や、マーリンから渡されていた謎の薬には、魔力の暴走を抑制する効果があったようです!

マーリンの言うことには(比較的)従うゴウセル。

しかし、それはマーリンがゴウセルの保護者代わりだからかもしれませんね。

マーリンもゴウセルも『十戒』との関りがあることから、2人の関係は思っていたより長い付き合いだと考えられます。

本体が人形だったり、元『十戒』の『無欲のゴウセル』だという疑惑など、とにかく正体が謎のゴウセル。

『十戒』の『戒禁』さえ自力で解いてしまう、謎の美女マーリン。

そして、『七つの大罪』団長のメリオダス、とメンバー達。

メンバー7人が揃う、その時に注目したいと思います!

スポンサーリンク

336×280

336×280

-ゴウセル