その他

七つの大罪の女神族のキャラクターまとめ!四大天使を考察!

更新日

『七つの大罪』本編中では、3000年前の戦争で力を使い果たし、実体を失ったとされる女神族が、続々と登場しています!

そこで今回は、これまでの女神族キャラクターを一覧にまとめてみました!

また、ついに『七つの大罪』で登場した女神族の四大天使。

どうやら

羽根の枚数が階級に関係している

とのこと。

女神族と四大天使を合わせて考察してみたいと思います!

スポンサーリンク

336×280

【七つの大罪】女神族のキャラクターをチェック!

さて、これまでは話の節々でしか確認できなかった女神族。

どうやら3000年前の世界では、その具体的な姿が確認でき、新たなキャラクターとして登場しています。

女神族のキャラクターを紹介すると共に、『七つの大罪』本編のおさらいも兼ねて、ストーリー上に登場した女神族を集めてみました!

ケルヌンノスの角笛から聞こえてきた女神族の声

リオネス王国の至宝と言われ、

女神族との交信ができる

という祭器『ケルヌンノスの角笛』。

ケルヌンノスの角笛

ケルヌンノスの角笛

現在では、実体を失った多くの女神族は、さまざまな器に精神を宿しているようです。

この『ケルヌンノスの角笛』も、そんな女神族が宿った遺物の一つと考えられます。

七つの大罪のバンが、エレインの蘇りを乞う為に、この『ケルヌンノスの角笛』に話しかけたところ、角笛から声が聞こえてきます。

その声は、エレインを蘇らせる代わりに

メリオダスを亡き者にするよう

バンに要求するのでした。

このことが原因で、バンとメリダスの関係がぎくしゃくしますが、最終的には和解。

なお、アニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』第1話の最後では、メリオダスが『ケルヌンノスの角笛』を破壊するシーンがあります。

その破壊の前に二人が交わした会話の内容から、

メリオダスは、この女神族の声の主を知っている

ようでしたね。

ただ、その名前までは明かされていません。

(ケルヌンノスが名前?)

神兵長ネロバスタ

リオネス国王バルトラの弟にしてリオネス聖騎士団『蒼天の六連星』団長であるデンゼルが、自らの命を代償に顕現させたのが、

2枚の羽根を持つ女神族『神兵長・ネロバスタ』。

ネロバスタも、現在は実体を失っていたらしく、デンゼルの携えた剣に宿っていたようです。

ネロバスタ

ネロバスタ

神兵長・ネロバスタをその身に顕現させ、『十戒』メンバーのデリエリとモンスピートと戦わせようと考えたデンゼル。

しかし、デリエリの圧倒的な力の前にネロバスタ(=デンゼル)は、敢え無く散ってしまうのでした。

この時に、モンスピートが、

神兵長級(クラス)だから良かったものの、四大天使なら話は別だよ」

とデリエリに言い放っています。

このことから、ここで女神族にも級(クラス)があることがわかりました。

また、3000年前の世界では、『四大天使』の1人、リュドシエルに付き従っているネロバスタ。

上官(と呼ぶのでしょうか?)であるリュドシエルに好意を抱いているようです。

ドルイドの長・ジェンナとザネリ

『森の賢者』と呼ばれ、女神族を信仰するドルイド族の長を務めている、ジェンナとザネリの双子の姉妹。

表向きは人間です。

しかし、その正体は、実は女神族なのです

ジェンナとザネリ

ジェンナとザネリ

そのことを、11年前、ヘンドリクセンを介して、ドルイドの里へ魔物退治に赴いた『七つの大罪』団長のメリオダスに見抜かれてしまうのでした。

(逆に、ジェンナとザネリもメリオダスが魔神族だと一目で見抜きます)

ザネリの説明によると、3000年前、当時の戦争そのものに疑問を持ち、さらに同胞である女神族の考え方にも違和感を持った二人は、戦いから逃走します。

その先で出会ったのが、現在の身体の持ち主の人間の姉妹。

その姉妹は、長い戦争で身体も魂も疲弊し、女神族の力でも癒すことができないほど傷ついていたそうです。

そこで、姉妹の許しを得て、その身体を借り、現在の

ドルイドの長で、人間のジェンナとザネリとして、女神族の目を欺いてきた

そうなのです。

初対面では、メリオダスに敵対心をあらわにするジェンナでした。

ただ現在は、マーリンが切り離したメリオダスの力の一部を封印したり、ドルイドの修練窟を利用させてくれるなど、いろいろと協力してくれているようです。

また、ザネリは、メリオダスに特別な感情を抱いているようすが見て取れます。(恋心?)

11年前の魔物退治の際に、メリオダスとジェンナとザネリの間にどんなことがあったのか?

3000年前の状況を知っているであろう、ジェンナとザネリの記憶も、いつか『七つの大罪』本編で語られるかもしれませんね。

併せて注目したいと思います。

女神族のエリザベス

3000年前の世界で、キングとディアンヌが出会った、

リオネス王女・エリザベスにそっくりな4枚の羽根を持つ女神族の少女

エリザベス

エリザベス

メリオダスと行動を共にし、名前もエリザベスであることから、現在のエリザベスとの関係が気になっていましたが、実は、現在のエリザベスも、ダナフォールのリズも、この

女神族エリザベスの生まれ変わり

であることが判明しています!

女神族のエリザベスも、魔神族との戦闘に参加していますが、戦闘で相手を傷つけるのは本意ではない様子。

魔神族の軍勢に

「話をして帰ってもらった」

という場面あったことから、バイゼル大けんか祭り時にメリオダスがバンに

(エリザベスは)昔、たった一人で魔神の軍勢を改心させたここともある

と言っていたのは、この事だったのです。

女神族のエリザベスが、なぜ、別のエリザベスとして転生を繰り返しているのか?

それは、女神族でありながら、魔神族のメリオダスと結ばれ、魔神族の命を助けたことに対する『最高神』から与えられた『永劫の輪廻』の呪い…ようするに

『罰』

なのです…。

メリオダスは、3000年もの間、この呪いを解くために旅を続けてきたと言っています。

女神族のエリザベスとメリオダスの出会いなど、今後、さらなる情報が追加されることに期待したいと思います。

四大天使・リュドシェル

リュドシエル

リュドシエル

3000年前の世界で、初めて登場したのが、上位の女神族と思われる

四大天使・リュドシエル

一見、穏やかそうな表情をしている長髪の好青年のようです。

しかし、敵対する魔神族に対しては、とても残忍な言動を隠さないことから、見かけ通りの好青年ではなさそう…。

リュドシエルは、4枚の羽根をもっていて、その内の一対は、とくに大きく立派であることから、高位であることは間違いなさそうです!

『十戒』のデリエリ、モンスピート、ガラン、フラウドリンとの戦闘では、圧倒的な力を見せつけました。

四大天使・タルミエル

3000年前の世界で登場した二人目の

四大天使・タルミエル

  • 左側は老人の顔
  • 右側は若者の顔
  • 真ん中は口が裂けた不気味な顔

という3つの頭を持つ異形の大天使。

タルミエル

タルミエル

今のところは真ん中の頭がメインで会話をしているようです。

右と左の顔が、それぞれ呪文を唱えることで、魔法を放つことも可能。

一枚一枚は小さめですが、

6枚の羽

持っています。

四大天使・サリエル

3000年前の世界で登場した三人目の

四大天使・サリエル

サリエル

サリエル

小柄で、美少年の姿をした見た目は、まさしく『天使』という感じですが、その中身はどうでしょうか?

また、目に見えない風のようなバリア(?)で自身を守っているようです。

また、このバリア?に触れると、傷を負ってしまうようです。

サリエルは4枚の羽根を持ち、その内、1対は本人の背よりも巨大な羽根でした。

マエル

リュドシエルが、天界から増援を呼ぶようにとネロバスタにテレパシーを送った際、

「マエルを呼べ」

と指示していました。

名前から考えて、四大天使の最後の一人だと思われますが、未登場だったことから、その姿はわかっていません。

最高神(あの方?)

女神族を束ねる存在、それが

最高神

です。

リュドシエルが、

「あの方」

と呼ぶ存在が、この最高神ではないかと推測されます。

その姿は巨大で、すくなくとも8枚の羽を持ち、その力は『魔神王』に匹敵するほど強大なようです。

そして、特筆すべきは、

女神族のエリザベスの母

であること…。

ですが、心優しいエリザベスとは違い、

『永劫の輪廻』の呪い

をエリザベスにかけたことから、母としても神としても、かなり残酷なのではないかと思われます。

 

以上が、『七つの大罪』に登場している女神族のキャラクターになります。

女神族の多くは、『天界』と呼ばれる場所にいるようです!

3000年後の現在、女神族の多くは実体を失い、剣や遺物などの道具に宿っているといわれています。

今後、その実体を表すことがあるのかどうか?

期待して待ちましょう!

スポンサーリンク

336×280

【七つの大罪】女神族の四大天使とは?

名称のみ登場していた『四大天使』。

一般的に『四大天使』と聞くと、

  • ミカエル
  • ラファエル
  • ガブリエル
  • ウリエル

という名前が浮かびます。

しかし、『七つの大罪』の女神族の『四大天使』というのは、まったくの別物のようです。

その『四大天使』うちの三人が登場し、

『四大天使』VS『十戒』

の戦いが始まりました!

なお、『七つの大罪』の女神族の階級は、

羽根の枚数が多く、大きいほど高位

とのこと。

確かに、『四大天使』のリュドシエルとサリエルは、4枚の羽根を持ち、その内の2枚は大きく立派です。

タルミエルの羽は、そう大きくありませんが6枚もあります!

神兵長のネロバスタは、2枚の羽根しかもっていないので、その差は歴然。

『最高神』を母に持つ、女神族のエリザベスも4枚の羽根を持ち、リュドシエルに

「エリザベス様」

と呼ばれていたことから、高位の女神族なのでしょうか?

その割には、ぞんざいに扱われているような気がしますが…。

そんな高位の女神族であるリュドシエルの口から出た

「魔神族を根絶するのです」

という衝撃の宣言。

なぜ、魔神族との和平ではなく魔神族を滅ぼすのか?と詰寄るエリザベスをリュドシエルは適当に受け流し、とある計画を実行しようとします。

リュドシエルが立てた計画とは、

魔神族の捕虜を餌に、更なる大勢の魔神族と『十戒』おびきよせ一度に始末する

といったものでした。

新たに登場した『四大天使』のタルミエルとサリエルも、魔神族の軍勢を

極大聖櫃(オメガアーク)

で問答無用で一掃したことから、リュドシエル同様、魔神族を滅ぼすことには賛成と思われました。

また、『十戒』メンバーのデリエリ、モンスピート、ガラン、そしてフラウドリンとの戦闘で、

『四大天使』としての強さを見せつけたタルミエルとサリエル

しかし、さすがの『四大天使』でも、2対4の戦闘は不利だったようで『十戒』メンバーの猛攻に徐々に押され始め、気が付けばピンチに…!。

ところがその直後に、リュドシエルが現れ、タルミエルとサリエルが苦戦した『十戒』の4人をあっさりと倒し、形勢を有利に引き戻します。

やはりリュドシエルは、

『四大天使』の中でも圧倒的な強さを持っている

ことがわかりますね。

そんな桁外れな強さを持つリュドシエルでしたが、『インデュラ化』したデリエリとモンスピートの前では、まったく歯が立たず、再び形勢は不利になってしまいます。

そこへ、『インデュラ化』したデリエリとモンスピートを救おうと、女神族のエリザベスが現れますが、リュドシエル、タルミエル、サリエルは、

「魔神族に情けは無用」

「魔神族を救う価値はない」

と反対します。

そんな3人に女神族のエリザベスは、

「なら、その価値は誰が決めたの?誰が決めていいものなの?」

と反論します。

その言葉を聞いたタルミエルとサリエルは、自らの意思でエリザベスに力を貸し『インデュラ化』したデリエリとモンスピートを元の姿に戻すことに成功したのでした。

エリザベスの言葉に心を動かされたタルミエルとサリエル。

結果的にリュドシエルの命令に背いた形になりますが、それが『四大天使』の間にどのような影響を与えるのか?

怒ったリュドシエルは、恐ろしいような気がしますが…大丈夫でしょうか?

残念ながら、ディアンヌとキングの3000年前の世界での試練が終了したことで、舞台は現代に戻ってしまったため、過去の世界のその後は描かれていません。

ですが、3000年前の聖戦の決着や、女神族がどうなったのかなどは、きっと語られると思いますので、その時を楽しみに待ちたいと思います!

七つの大罪 25巻

七つの大罪 25巻

七つの大罪 25巻

[著]鈴木央

四大天使の登場はコチラから!

まとめ

3000年前の世界では、女神族の新キャラクターが登場しています。

今回は、おさらいも兼ねて、これまでに登場した女神族を一覧にしてお届けしてみました。

女神族『四大天使』の3人までが登場。

やはり、高位の女神族は羽根の枚数が多いようで、最高神に至っては、少なくとも8枚もの羽を持っています!

そして、これまで謎とされてきた3000年前の様子の一部を垣間見ることができています。

しかし戦争が、どのように決着したのかは、まだ判明していません。

また、エリザベスとメリオダスにかけられた呪いには、『最高神』と『魔神王』が関わっていることから、今後も『七つの大罪』本編の展開に注目です!

スポンサーリンク

336×280

336×280

-その他