聖戦の予兆

七つの大罪聖戦の予兆のED曲の歌詞とその意味!アーティストは誰?

更新日

2016年8月から9月にかけて放送された、スペシャルアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』。

原作漫画では読むことのできないアニメオリジナルストーリーということで、好評の内に放送を終えました!

この『七つの大罪 聖戦の予兆』を優しい曲と歌詞で彩ってくれたED曲、また、歌詞の意味や歌っているアーティストは誰なのでしょうか?

今回は、アニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』ED曲について調べてみたことをご紹介していきます!

スポンサーリンク

336×280

『七つの大罪 聖戦の予兆』のED曲を歌っているアーティストは誰?

今回、『七つの大罪 聖戦の予兆』のED曲を聞いて、

「どこかで聞いた声?」

と思った方もいらしたのではないでしょうか?

まず、ED曲の曲名とアーティスト名をお知らせしますね。

ED曲タイトル:色褪せない瞳

アーティスト:瀧川ありさ

瀧川ありさ

瀧川ありさ

実は、アニメ『七つの大罪』第1期13話からのED曲『Season』を歌っていたのが、この瀧川ありささんです。

『七つの大罪』のアニメED曲を2回も担当してくれた瀧川ありささん、ご縁がありますね!

そんな瀧川ありささんは、

東京生まれの25歳

幼少の頃から歌うことが大好きで、13歳からドラムやギターを始め、作曲もするようになったそうです。

そして、2015年3月4日、ファースト・シングルの『Season』でメジャーデビューを果たします。

デビュー曲がいきなり、アニメ『七つの大罪』とタイアップなんて、とても期待されていたのでしょうね!

その後も、リリースするシングルは、CMソングや他のアニメテーマ曲に選ばれるなど、デビュー2年目にして大活躍を続けている瀧川ありささん。

2015年の活動が評価され、

第30回日本ゴールドディスク大賞 新人賞

を受賞しています。

2016年11月2日には、ファーストアルバムが発売され、今後、更なる活躍が期待できる若手アーティストさんです。

瀧川ありささんの曲の魅力は、グロッシーボイスと、風景を描き出すような歌詞とメロディーと言われています。

それでは次に、『七つの大罪 聖戦の予兆』ED曲の歌詞の意味について考察してみたいと思います。

⇒瀧川ありさの『色褪せない瞳』を聞くなら1ヶ月無料のコチラがおすすめ!

『七つの大罪 聖戦の予兆』のED曲の歌詞と意味は?

瀧川ありささんが歌う『七つの大罪 聖戦の予兆』ED曲『色褪せない瞳』。

『Season』は、『七つの大罪』のストーリーに重なるフレーズがたくさん見られましたが、今作はどうでしょうか?

さっそく、歌詞を見てみましょう!

♪君のようになりたいと 同じ歩幅で歩いたけど 気づけば息が上がって 初めてわかった

この部分は、

『追いつきたくて頑張ったけど、無理だった』

という意味に受け取れますが…いきなりネガティブ?と思っていまいますよね。

ところが、次に来る歌詞で、

♪まだ知らない自分の可能性 箱にしまったままだった 暗がりでは何も見えない 錆びついた胸の鍵 こじあけて

先の歌詞で諦めてしまったかのように感じましたが、『君』には追いつけなかったけど、自分には自分だけが持ってっている何かを見つけることができたようです。

そして、

♪君には君にだけの 特別な色がある 誰に塗りつぶされそうでも強く光ってる それぞれの色纏い 生き抜いていくんだよ

ここは、みんな同じじゃなくてもいいんだ、

特別な色=個性を纏っている

といった意味に取れますね。

とても前向きな歌詞ではありませんか?

最後に来るのが、

♪君のすべてわたしが守る

同じではないからこそ、お互い足りないところを補いあって助け合える、一緒に居られる。

このワンフレーズをそんな風に受け取ってみました。

こうしてみると、『七つの大罪』の内容を直接的に描くフレーズはなさそうです。

ただ筆者は、これらの歌詞全部を通して

エリザベス

の姿を思い浮かべました。

最初は、王女というだけの自分、その無力さについて嘆いていたエリザベス。

ですが、大した力も持っていない(実は、そうではなかったのですが)にもかかわらず、自分を犠牲にしても仲間を助けようとする姿に、皆が心を惹かれ、認めていきました。

まだまだ、自分の持つ力に自信がなさそうなエリザベスですが、自分にできることで『七つの大罪』の仲間を、リオネスを、そして愛するメリオダスの為に力を尽くそうとしています。

そして現在、『七つの大罪』本編では、どこか変わりつつあるメリオダスが描かれています。

そのことを自分でも自覚し不安に思っているメリオダスに対して、

大丈夫…私は何があっても、誰を敵に回しても、あなたの味方だから、あなたの側にずっといるから

とエリザベスは語りかけます。

これからのメリオダスには、以前にも増してエリザベスという存在が必要になってくるのではないでしょうか?

こう考えてみると、『七つの大罪 聖戦の予兆』の

OP曲の『CLASSIC』はメリオダス目線の曲

そして、この

ED曲『色褪せない瞳』はエリザベス目線の曲

と考えると、まるでOP曲とED曲がになっているような気がしますが、いかがでしょうか?

筆者の独断ではありますが、ED曲『色褪せない瞳』と、漫画『七つの大罪』のストーリーをあわせて考察してみました!

 

まとめ

スペシャルアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』のED曲『色褪せない瞳』のアーティストは、大活躍中の若手シンガーソングライターの瀧川ありささんでした!

ED曲の歌詞の意味については、筆者の想像ではありますが、エリザベスの目線の歌詞に感じましたよ。

『七つの大罪 聖戦の予兆』のOP曲『CLASSIC』が、メリオダス目線に感じましたので、まるでOP曲とED曲で対になっているかのようです!

(あくまで筆者の感想です。悪しからず、お願いします)

『七つの大罪 聖戦の予兆』の続きは、ぜひ、漫画『七つの大罪』本編(十戒編)とアニメ『七つの大罪』2期で楽しんでいただけたら!

⇒瀧川ありさの『色褪せない瞳』を聞くなら1ヶ月無料のコチラがおすすめ!

スポンサーリンク

336×280

336×280

-聖戦の予兆