単行本コミックス

七つの大罪!単行本コミックス23巻の新キャラクターをチェック!

更新日

バイゼルけんか祭りで、魔神族『十戒』メンバーのグロキシニアとドロールの二人を相手にしたメリオダスは、圧倒的な強さをみせました。

しかし、二人に勝利目前というところで、残りの『十戒』メンバーが合流してきてしまい、メリオダスは一気に劣勢となり、『十戒』エスタロッサに敗北。

この時点でメリオダスは、帰らぬ人となってしまいます。

それか1ヶ月が過ぎ、魔神族の勢力が拡大するブリタニア。

そんな中、白夢の森の近くの一軒の酒場では、元気に働くエリザベスの姿があったのでした。

と、一瞬、デジャ・ヴのように思えるシーンで終わった『七つの大罪』単行本コミックス22巻でしたね。

今回は、メリオダスのその後や、魔神族に対抗する『七つの大罪』メンバー、その仲間たちの様子などを描く『七つの大罪』単行本コミックス23巻に登場したキャラクター達をまとめてみました!

スポンサーリンク

336×280

七つの大罪 単行本コミックス23巻の新登場キャラクター!

それでは早速、『七つの大罪』単行本コミックス23巻から新登場したキャラクター達をご紹介します。

元・聖騎士長ザラトラス

ザラトラス

ザラトラス

10年前のリオネス王国生誕祭の朝、魔神族『十戒』メンバーのフラウドリンに乗っ取られたドレファスとヘンドリクセンの共謀によって、亡き者にされてしまった元・聖騎士長ザラトラス

『十戒』メラスキュラの亡者の未練や、恨みを増幅させ、怒りに変えて蘇らせる『怨反魂の法』によって、一時的に

ザラトラスが蘇っていた

のです。

そんなザラトラスは、店をホークと共に切り盛りしていたエリザベスのいる『豚の帽子亭』を訪れます。

ザラトラスは、

魔神に操られていたドレファスとヘンドリクセンを救えなかったことが未練。

そして、それに気付かなかったザラトラス自身への恨みしかない

と語るのでした。

ドレファスの異母兄で、聖騎士ギルサンダーの父親であるザラトラス。

かつては

聖騎士最強

と呼ばれ、更にドルイド族の血を引いており、ドルイド特有の『浄化(パージ)』の魔力を持つことからザラトラスは、自然ならざる魂を消し去ることが出来ます。

と、今まで伝説のように語られた内容から、

強くて頼れて超二枚目というイメージ

のザラトラスでしたが、実際に蘇ったザラトラスは、ユニークで呑気な発言をする、どちらかというと三枚目風なキャラクター。

そのため、ホークは、

「偽物だろう」

と、突如として現れたザラトラスを疑いますが、エリザベスは

「昔と何も変わっていない」

と、本物のザラトラスだと認めるのでした。

ザラトラスは、

「メリオダスに会わせて欲しい」

と、エリザベスに頼みます。

一か月前、エスタロッサに敗北したメリオダスの亡骸は、エリザベスによって『豚の帽子亭』の寝室に大切に安置されていました。

戦いで負ったメリオダスの傷は、エリザベスの魔力で、きれいに治療されたのですが、心臓は止まったまま…。

そんなメリオダスにザラトラスは、

「心臓が止まったくらいでは命は尽きないと言っていたでしょう?」

と語りかけます。

「以前、メリオダスが自分の命について語ったことがあった」

というザラトラスですが、その内容は忘れてしまったとのこと…。

それをメリオダス復活の手掛かりになるのでは?

と期待したエリザベスとホークは、がっかりしますが、ザラトラスは、ドルイドの呪文によってメリオダスの記憶の中へと二人を導きます。

行き着いた先は、16年前の滅びた直後のダナフォール。

そこは、ザラトラスが、メリオダスと幼いエリザベスに初めて出会った地点だったのです。

そこから数年間のメリオダスの記憶をたぐり、どのようにしてエリザベスがリオネス王国の3人目の姫となったのか、『七つの大罪』の結成理由等が明かされます。

ある場面のメリオダスとザラトラスが酒場で交わした会話によって、メリオダスが呪われていること、その呪いによって、メリオダスは永遠の安らぎを得られないことを知ります。

そんなメリオダスの記憶の中で、過去の小さなエリザベスに

「必ず生きてお前の元に戻る」

と約束するメリオダス。

それを見たエリザベスは、メリオダスの復活を心の底から信じるのでした。

現実の世界に戻った3人(2人と1匹)は、リオネス王都に、かつてないほどの魔力が集まっていることを知り、王都に向けて出発します。

その途中、『十戒』のデリエリとモンスピートの襲撃を受け、エリザベスを庇ったザラトラスは傷を負ってしまいます。

デリエリが、エリザベスを手にかけようとした時、そこに現れたのは…!!

ザラトラス一行は、無事に王都に到着できるのでしょうか?

また、一時的に蘇ったザラトラスですが、ドレファスとヘンドリクセンを救い、未練を断ち、自分への恨みを許せるのか?

この後も重要な役割を持ちそうなザラトラス。

その活躍を次巻、『七つの大罪』単行本コミックス24巻でも楽しみにしててください!

煉獄の謎の影

魔神王?

魔神王?

『七つの大罪』単行本コミックス23巻で、メリオダスの魂がいる煉獄にて、メリオダスと会話をする謎の影です。

ここでの会話により、この影に受けた呪いによって、

メリオダスは何度でも蘇ることができる

と判明します。

そして影は、メリオダスに語ります。

地上でのメリオダスと『十戒』と戦いを見ていた事。

過去に何度も、命を失ったメリオダスが煉獄に来ている事。

影は、その度に

メリオダスの感情を喰らい、それを養分に力を蓄えている

こと。

3000年前にあの女のせいで、

メリオダスが骨抜きにされた

こと。

影に

感情を喰われることで、メリオダスはかつての最凶の魔神に近づく

こと。

煉獄にいながら、地上の事を知ることが出来、3000年前のメリオダスの事情も知っているらしい、この影の正体は、一体何なのでしょう?

残念ながら、具体的な名前は出ていませんが、素性のヒントになりそうなセリフが会話の中にあるようです。

影が

「我が生み出した戒禁…」

と言うシーンがあります。

後に『十戒』のエスタロッサが名乗りを上げる際、

「魔神の王より慈愛の戒禁を与えられ者…」

と口にしています。

このことから、『十戒』に戒禁を与えたのが魔神の王ということ。

ということは、当然、戒禁を生み出したのも魔神の王と考えられるのではないでしょうか?

とすると、この影は

魔神王

と言えそうですね!

しかも、力を蓄えているということは、いつか影から実体化する可能性もあるということでしょうか?

更に、気になるのは、

「喜ばしかろう、我が息子よ…?」

と魔神王と思われる影が、メリオダスに語りかけたこの言葉です。

この影が魔神の王だとすると、

メリオダスは魔神王の息子

ということなのでしょうか?

影の正体が分かれば、メリオダスの素性も少しずつ分かってくると思われますので、今後も魔神王らしき影の動向には注意したいですね!

七つの大罪 23巻

七つの大罪 23巻

試し読みもできます!

女神族・神兵長ネロバスタ

ネロバスタ

ネロバスタ

現国王の弟であり、聖騎士長補佐であり、蒼天の六連星団長のデンゼルが、自らの命を代償に、その身に顕現させた女神族・神兵長のネロバスタ。

それによって、姿はデンゼルであっても中身は、女神族のネロバスタ。

よって、『聖櫃(アーク)』を使用することが出来ます。

『聖櫃(アーク)』は、光の粒子で対象を分解する女神族固有の技で、闇に相反する力であるため、魔神族には非常に効果がある技です。

そんな力強い味方を得たと思われたリオネス王国軍側。

しかし、『十戒』の『純潔のデリエリ』の姿を認めた途端、ネロバスタは戦闘を放棄し、逃げ出してしまいます。

追いかけてくるデリエリを『聖櫃(アーク)』の力で、一旦は捕らえますが、デリエリの力には及ばず、剣も折られ万策尽きてしまったネロバスタは、デリエリに落ち着くようにと、話しかけます。

デリエリが、女神族に怒りを向ける理由を知っていると語ったうえで、女神族が協定を反故にし、

魔神族の捕虜たちにした非道な仕打ち、それらは全て女神族の長の命令でやったこと

だったと…!

しかし、デリエリは聞く耳を持たず、ネロバスタを一刀両断で切り捨てます。

自らの命を差し出したデンゼルの切り札とも言える女神族・ネロバスタでしたが、残念ながら、『十戒』のデリエリにあっさりと敗北してしまったのです。

女神族と『十戒』のデリエリの間には、なにか特別な確執があったのでしょうか?

ネロバスタが消えてしまったので、その理由が分かるのは、判明するのは、まだ先になりそうですね。

また、女神族にも階級が存在することが分かりました。

『十戒』モンピエールがデリエリに、

「神兵長級で良かったものの、四大天使なら話は別」

と注意していることから、『十戒』が恐れるほどの力を持った女神族が存在する(した?)ことは間違いないでしょう。

今後、さらなる別の女神族が現れるのかどうなのかにも注目していきたいと思います。

 

まとめ

以上が、『七つの大罪』単行本コミックス23巻の新登場キャラクターたちです。

23巻では、主に3グループに分けられた構成になっていました。

『豚の帽子亭』のエリザベスとホークとザラトラス。

『煉獄』のメリオダス。

『十戒』に必死に抗う『七つの大罪』メンバー達とリオネス聖騎士達。

『七つの大罪』本編(十戒編)も佳境を迎えつつあります。

しかし、まだ謎の多くは解明されていませんし、伏線の回収どころか、深まる謎や新たな謎も増えているようです。

それによって、今後も更なる新登場キャラクターも期待できるかもしれませんね。

23巻では、リオネス王国側の面々は辛い思いをする場面が多かったようですが、次の単行本コミックス24巻では、ぜひ、反撃の狼煙を上げてくれるでしょう!

これからも、物語の展開から目が離せない『七つの大罪』。

みなさんも『七つの大罪』単行本コミックス24巻の発売日が待ちきれないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

336×280

336×280

-単行本コミックス